シャンプーは化学物質の見本市

洗浄目的の界面活性剤は特にバリア機能へのダメージが大きいです。そしてシャンプーは髪や頭皮を洗うものですよね? そうです、普段使うもので一番気をつけないといけないのがシャンプーなんですね。同じように台所用洗剤、洗濯用洗剤もよりも気をつけないといけません。

シャンプーは髪と頭皮の健康を阻害する

女医

髪や頭皮にトラブルを抱えている人は多いと思います。 かゆみ、フケ、湿疹etc...これらの原因はシャンプーの合成界面活性剤にあります。

界面活性剤といわれるものは、すべてが刺激が強く、皮膚に触れるとバリア機能を溶かし壊すというものではありません。刺激の強さなどレベルがあります。

当然、界面活性剤には種類があるわけですが、洗浄を目的にしているものに含まれている界面活性剤が強力だということは、「化粧品が汚肌をつくる」でお話した通りです。 なので、スキンケアアイテムでいうとクレンジングが一番強力であり、肌にも負担になるわけです。

しかし、そんなクレンジングと同等かそれ以上に気をつけないといけないのがシャンプーです。一度シャンプーの成分表示をみてもらいたいのですが、まぁ凄い数の化学成分が配合されてます。

洗浄目的のもの、防腐剤や殺菌剤として、エモリエント剤として、香料、防臭剤、乳化剤、保湿剤、着色剤、発泡剤etc...これらを毎日髪や頭皮に擦り込んでいるわけですよね。

強力な界面活性剤でバリア機能を破壊したところに、これらの化学物質が雪崩のように押し寄せてくるわけですから、頭皮が炎症を起こして赤くなるとか、 腫れるとかかぶれるといったことは当然起こり得ますよね。何もトラブルがないというほうが不思議なくらいです。

シャンプー以上に頭皮に悪そうなものといえば、ヘアカラー剤ですよね。

私自身が経験したことですが、なぜ今、染まりが悪いのにトリートメントタイプの白髪染めが人気なのかわかるような気がしました。 白髪染めやヘアカラーがなぜあんなに刺激が強いのかというと髪の色を脱色する脱色剤(=過酸化水素水)の影響なんですね。 過酸化水素水は強力な殺菌力と酸化力があって漂白剤としても使われます。別名オキシドールといえばわかるでしょうか。

どんなに皮膚が強い人でも過酸化水素水が直接触れれば接触性皮膚炎を引き起こします。

そういうわけですから、白髪染めやヘアカラー、それからパーマ液なんかを頻繁に使ってきたという人は、相当頭皮は荒れているんじゃないかと思います。 髪や頭皮にダメージが蓄積されているのは間違いないでしょうね。

頭皮にもバリア機能があります。健康な髪と頭皮のためにはバリア機能が正常に働いていることが必要ですから、シャンプーによる合成界面活性剤の刺激、 白髪染めやヘアカラーなどの脱色剤による刺激は避けたほうがいいに越したことはありません。

台所用洗剤と洗濯用洗剤の悪影響は?

水仕事をすると手が荒れますよね。お湯には脱脂力があるので、手の皮脂が落とされます。その結果、乾燥してしまって肌が荒れてくるんですが、 ここに合成界面活性剤の塊である台所用洗剤が加わればさらに手荒れはひどい状態になります。

合成界面活性剤には、細胞膜を溶かして細胞を破壊する『細胞毒性』という作用があります。 そのためゴム手袋などをしないで、台所用洗剤を使っていると手はボロボロになってしまいますよね。

洗濯用洗剤は肌に直接触れることはないのですが、洗濯物の繊維の間に残ったものが汗をかいたり、擦れたりする際に肌を刺激するので、 かゆみやカブレといった問題を引き起こすことがあります。アトピー肌の人は余計に悪化することがあります。

なんかよくわからないけれど、身体が痒いとか、パンツをはくとウエストのゴムの部分に沿って帯状の赤い湿疹ができる、背中にニキビができるという場合は、 ひょっとすると洗濯用洗剤が原因かもしれません。

非接触生活研究家というサイトで知った情報ですが、洗剤を選ぶときのポイントは、柔軟剤、抗菌剤、蛍光増白剤を含まないこと。そして洗浄成分が残留しないことが大事だということです。 具体的な洗剤名をいうと「トップ クリアリキッド」がおすすめだそう。AE系といわれる界面活性剤でできていますが肌にもやさしいし環境にもやさしいということです。

洗剤に用いられている界面活性剤は皮膚への影響もひどいのですが、自然に分解されないので環境を破壊し、生態系まで悪影響を及ぼすといわれています。 ちらっと紹介したAE系の界面活性剤などはそのあたりかなり意識していて自然に分解されるような界面活性剤になっているということなんですが、 界面活性剤の多くは環境にまでは配慮してないだろうと思います。(多分)

自分やその家族だけでなく環境にも配慮して使うものを選ぶというのは素敵ですよね。

化学物質は毒である

Page top icon